認知行動療法とは

認知行動療法とは、行動や情緒、認知的な問題を治療の標的とし、これまで実証的にその効果が確認されている技法を組み合わせて問題の解決を図る治療アプローチの総称です。認知行動療法の適用の範囲は、あまたある心理療法の中で最大であると言われ、大きな治療効果が認められています。

詳しくはこちら

認知行動療法基礎コース

認知行動療法の実践には、学習理論をはじめとする行動科学への十分な理解が不可欠です。基礎コースでは、単なるテクニックではなく、実験や研究に基づいた行動の基礎を学びます。

認知行動療法専門コース

少人数制セミナーで、認知行動療法に関する専門的な技術・知識の獲得を目的とし「認知行動療法専門カウンセラー」、および「認知行動療法実践看護師」の資格取得を目指します。

看護師限定研修会

看護師限定の認知行動療法研修会です。精神疾患を中心に、病棟や外来で活用する看護ケアとしての認知行動療法の理論や技術を実践するためのスキルを研く研修会です。

エキスパートコース

認知行動療法の分野に関して、高い技術と経験を有するエキスパートを招き、次世代のエキスパートを目指す認知行動療法セラピストや大学院生が修練を積むための専門コースです。

News

メディア掲載情報
スポンサーサイト
カウンセラー支援
過去の講義の様子

日本認知行動カウンセリング協会では、カウンセリングに携わる方々の一般、専門、賛助会員を募集しております。

About

〒461-0005
愛知県名古屋市東区
東桜2丁目14-7
CBT名古屋ビルB1F
TEL: 052-938-6191

詳しくはこちら

協会の所在地